介護職員の雰囲気が良い職場の見分け方

人間関係が良好で雰囲気が良い職場の見分け方

人間関係が良好で雰囲気が良い職場の見分け方
Pocket
LINEで送る

雰囲気の良い職場って?

介護業界は人間関係に悩んで転職をする方が多くいますので、人間関係をどう頑張っても良い方向に再構築することが難しいという場合には、転職によって人間関係をリセットするのは一般的な方法と言えます。しかし転職した先も人間関係で悩まされるような職場では、転職をした意味がありません。そこで転職に失敗しないためにも雰囲気の良い職場とはどういうものかについてまずは考えてみましょう。
雰囲気の良い職場とは、スタッフ同士が仲良く利用者さんに対して笑顔で接することができているかどうかが基本になります。そしてこの基本的な部分にプラスして、新人に対する教育が整っているかどうかも大切です。既存のスタッフ同士が仲良しであるがために、新人がいじめを受けてしまうというケースもあります。そのため雰囲気の良い職場は雰囲気が明るく、新人の受け入れ体制が整っている職場ということが言えます。ではこのような雰囲気の良い職場を見つけるための方法について紹介していきます。

スタッフがバタついていない

雰囲気の良い職場というのはスタッフがバタついていないかどうかで判断できます。スタッフがバタバタとせわしない様子で働いている職場であれば、人手が足りていなかったり、スタッフ同士のコミュニケーションが少なかったりとストレスの多い職場かもしれません。ストレスの多い職場であれば人間関係もギスギスしてしまいがちになるので、スタッフが落ち着いて働いているかどうかは大切な判断基準です。

先回りした対応ができている

利用者さんが求めていることを先回りして考え、要望が出る前に行動している職場は雰囲気の良い職場と判断できます。なぜ利用者さんに対する行動から働く側の職場環境の判断に繋がるのかは、利用者さんへのコミュニケーション能力がそのまま職場の人間関係に出るためです。
要望を先回りして対応できるスタッフは相手が何を求めているのかなどを考えられる人です。そのため職場の人間関係でも同様に相手が何を求めているのかを把握できるため、人間関係を良好に保つことのできる人と言えます。こういった部分からも雰囲気の良い職場を判断をすることができます。

教育マニュアルが用意されている

次に新人を教育するためのマニュアルがあるかどうかと、どれだけの期間で指導係のスタッフがついてくれるかを確認しましょう。最初の教育をどれだけ徹底して行うかで、施設が新しい人を受け入れることに対して丁寧かどうかがわかります。新人の頃に丁寧な教育を受けられなかった人の教育は、自分と同じように苦労をさせたいというネガティブな思いが出てくる場合もあります。

職場環境に悩んでいる人におすすめ

人間関係が良好で雰囲気が良い職場の見分け方

雰囲気が良い職場とはどういった所なのかという根本的な部分から、人間関係が良好な働きやすい職場の見分け方をここでは紹介しています。人間関係をきっかけに転職を考えている人はぜひ参考にしてください。

もっと見る >