挨拶によって人間関係を良くしよう

印象を左右する「挨拶」

印象を左右する「挨拶」
Pocket
LINEで送る

挨拶はとても重要

人間関係の問題がなぜ生じるのかという点について、さまざまな要因がありますがその一つに挨拶があります。挨拶をできているかどうかということは、人間関係に大きな影響を与えます。例えば自分が管理者の立場だとして、全く挨拶をしない新人の介護職員が入ってきたとします。1ヶ月後にその新人職員と「コミュニケーションができない」と他のスタッフから聞いた際、やっぱりそういう人なのかと思ってしまいますよね。
つまり挨拶ができる人とできない人とでは、相手に与える印象がポジティブになるかネガティブになるかを分けることにつながります。普段から挨拶ができない人はちょっとしたネガティブなことがあっても、必要以上に大きくネガティブな印象を与えることになります。全く挨拶をしないという人はほとんどいないと思いますが、「挨拶をされたら返すが自分から挨拶はあまりしない」という人は少なくありません。挨拶をしない人という印象を持たれてしまっているかもしれませんので気をつけましょう。では挨拶をしっかりするとどのようなメリットがあるのかについて紹介します。

コミュニケーションを取りやすくなる

挨拶はコミュニケーションの一つですが、さらに深いコミュニケーションのきっかけにもなります。挨拶を明るくすることによって相手から話しかけられやすくなるので、仕事以外でのコミュニケーションが活発になります。そしてお互いに話しやすい環境ができてくると、仕事に対する意思疎通が図りやすくなるため、人間関係で仕事に支障が生じることがありません。

常識があると認められる

挨拶をしっかりできるというだけで、この人は常識があると認められることにつながります。常識があると認められるということは仕事に対してしっかりと向き合ってくれると思ってもらえます。そのため多少の陰口を叩かれていたりしても、管理者の立場からは気にならず適切な評価を受けることができます。またそもそも陰口を叩かれるという被害も少なくなります。

積極的な印象を持ってもらえる

挨拶が苦手という人でも、緊張して挨拶を噛んでしまったとしても、挨拶を自分からしようという姿勢を見せることで、積極的に頑張ろうとしていると評価してもらえます。むしろ挨拶が苦手という人の方がこのような評価を受けることができます。積極的な姿勢を持っている人は助けてあげたいと思うものなので、何か仕事で困ったことを相談しても相手から積極的に手助けをしてもらえます。挨拶が苦手という人はむしろチャンスだと思って、積極的に挨拶をすることを心がけてみましょう。

職場環境に悩んでいる人におすすめ

人間関係が良好で雰囲気が良い職場の見分け方

雰囲気が良い職場とはどういった所なのかという根本的な部分から、人間関係が良好な働きやすい職場の見分け方をここでは紹介しています。人間関係をきっかけに転職を考えている人はぜひ参考にしてください。

もっと見る >