介護業界のいじめ問題について

Pocket
LINEで送る

無視をされてしまう

介護業界は意外といじめの問題が多くあり、中でも無視をされるというのはコミュニケーションそのものができなくなってしまうため、本当に辛いものです。介護ケアやご家族の対応など1人では難しい仕事もあるため、自分だけで判断するのではなく上司や他のスタッフに報告して行動を決定する場面が多くあります。
その中で無視されると適切な判断ができなくなりますし、利用者さんに対してトラブルを起こしてしまう可能性があります。こうした報告しづらい環境ができてしまうと、リスクのある介護環境となってしまいます。特に新人であればどう言っても言い訳をしているようにしか相手に映らず、精神的に参ってしまうという方もいます。

陰口を叩かれてしまう

介護業界のいじめ問題には陰口があり、陰口は仕事に関するものであればまだ我慢できる人もいると思います。仕事ができないといった内容や仕事が遅いという内容であれば、反省してどうすれば良いか考えることもできます。
しかし仕事に関係のないプライベートなことや容姿であったり、家庭環境などについて言われると我慢できないという人がほとんどのはずです。当然仕事に関する陰口も直接指導される方が健全なのは言うまでもありませんが、プライベートなことなどの陰口についてはただ人を傷つけるだけです。

きつい仕事ばかり押し付けられる

介護業界で最も多いいじめと言えるものが、きつい仕事ばかりを押し付けられてしまうものです。体重が重い人の移乗介助を一方的に押し付けられたり、便失禁などの排泄介助のような苦労する仕事ばかりをを押し付けられたりなどです。協力して行うべきものを押し付けられると、他の仕事が遅れてしまうなどの弊害が生じます。こうなってしまうと仕事が遅いなどと陰口を言われるはめになってしまうこともあります。

いじめから派生する評価の歪み

介護業界の仕事は目に見える数字で評価することが難しいため、介護職員の評価は上司の判断がとても重要視されます。つまり上司に嫌われてしまったり、陰口のいじめなどから評価が落ちてしまうと、どれだけ頑張っていても適切な評価を受けることが難しくなってしまいます。
このような問題を避けるためになるべく正当な評価ができるように努めている介護施設も多いですが、やはり最終的な評価には指導者や周囲の意見が色濃く反映されます。そのためいじめを受けてしまうことで、仕事自体を頑張っていても報われないと感じる人が多くいます。

職場環境に悩んでいる人におすすめ

人間関係が良好で雰囲気が良い職場の見分け方

雰囲気が良い職場とはどういった所なのかという根本的な部分から、人間関係が良好な働きやすい職場の見分け方をここでは紹介しています。人間関係をきっかけに転職を考えている人はぜひ参考にしてください。

もっと見る >