笑顔は人間関係の問題解決に役立つ

人間関係を良好に保つ「笑顔」

人間関係を良好に保つ「笑顔」
Pocket
LINEで送る

周囲を笑顔にする

笑顔が多い人は、楽天的な性格であったり明るい性格の人が多いように感じられます。では本当にこの印象が正しいのかといえば実はそうでもありません。いつも笑顔を振りまいている人も何かに悩んだり、笑っている最中もどこか不安に感じていることがあったりします。しかし、笑顔が多い人は明るい性格である印象を与えやすいのは事実です。
つまり心の底から笑顔でいることはできなくても、笑顔でいるだけで周囲に明るいと思ってもらうことができるということです。怒っている顔をしている人と笑顔でいる人のどちらに声をかけるかと問われれば、ほとんどの人が笑顔でいる人と答えるはずです。職場でも全く同様のことが言えますので、笑顔で明るい印象を与える人は話しかけられやすい人になります。そして笑顔で話すことで、相手の気持ちも明るくなりますので、より話しかけてもらえる機会が増えます。こういった人は好意も引き寄せるので、信頼されて人間関係が良くなっていきます。

自分も明るくなる

笑顔でいることが周囲を明るくさせることができる、という点をお伝えしました。では笑顔でいる自分はどうなるのかという点ですが、実は辛いことがあっても笑顔でいることで明るくなれます。口角を上げて笑顔になると脳が勝手に楽しいことを探し始めてくれるので、悩みがあったとしても笑顔でいることは周囲だけではなく、自分を明るくしてくれることにもつながります。

普段の表情も変わってくる

表情は顔の筋肉で作られているため、普段から顔のどの筋肉をよく使っているかによって大きく影響します。笑顔を作る口角の筋肉を使わなければ、当然口角の筋肉は落ちてくるので徐々に普段の表情も口角が下がるようになります。逆によく笑顔でいる人は口角の筋肉を鍛えることにつながっているので、普段の表情から明るい印象を与えるようになります。

免疫力の向上

明るい笑顔の多い人は病気をしないというイメージがありますが、実はイメージだけではなく本当に病気になりづらいことがわかっています。人は笑うことでストレスが和らぐため、病気に対する免疫力が高くなります。つまり明るく笑顔でいることを心がけるだけで、ストレスを軽減させたり精神的な部分のメリットだけではなく、ウイルスに対する免疫力なども向上させて病気にかかりにくくなるというメリットもあります。なるべく笑顔でいるということはすぐに始めることができますので、ぜひこの機会に笑顔を意識することを始めてみましょう。

職場環境に悩んでいる人におすすめ

人間関係が良好で雰囲気が良い職場の見分け方

雰囲気が良い職場とはどういった所なのかという根本的な部分から、人間関係が良好な働きやすい職場の見分け方をここでは紹介しています。人間関係をきっかけに転職を考えている人はぜひ参考にしてください。

もっと見る >